過去債務整理してても審査に通るためには

過去に債務整理をしていても、住宅ローンやキャッシングなどの審査に通ることはできるのか。この点については過去に債務整理を経験したことがある人はとても悩まれることではないでしょうか。結論からすれば債務整理をしていても、その年数次第で審査に通ることはできます。

逆に年数が経っていなければ基本的に審査に通るということは難しいでしょう。金融機関でお金を借りる場合、全ての人が金融機関が加盟している信用情報機関に個人情報が登録されます。

各金融機関は申し込みがあった人については、この信用情報機関に問い合わせを行うことで審査の可否を決めます。

債務整理をした場合、その金融機関からすると「二度とお金を貸したくない人」になるわけで、同業の金融機関にも「この人にはお金を貸した結果債務整理を行われました」という情報を伝えます。

こういった情報の共有を行うことでリスクを減らしているというのが現状だからです。そのため、当該の金融機関でなくても、申し込んできた人が過去に他の会社で債務整理を行ったどうかということが分かる仕組みになっています。

ただ、この個人の信用情報も保持されるのは5年と決まっています。正確には債務整理をして、当該の金融機関の担当者が信用情報機関の情報を更新した日から5年になります。

つまり、逆に考えると債務整理をして5年経てば、過去に債務整理をしたことがわからなくなるので、新たに金融機関に申し込むなら5年以上経ってからならば審査に通る可能性は高くなると言えます。

逆に5年以内の場合は情報が残っているので、ほとんどの金融機関の審査が通らないと考えて間違いないでしょう。

また、金融機関の信用情報は5年と決まっていますが、「自己破産」や「個人再生」など裁判所がからむ債務整理を行った場合は、官報に個人情報が記載されてしまいます。官報の情報保持期間は10年と金融機関の保持期間より長くなっています。

そのため裁判所がからんだ債務整理を行った方は10年以上の時間が再登録には必要と考えるべきです。